プロフィール

OHKUVO PROJECT

profilephoto
浜松市西区大久保町は、浜名湖の東岸に位置する緑の谷。 農業に適した平地や肥沃な土には恵まれていませんが、 国営かんがい用水「三方原用水」が整備され、 さらに年間の日照率が全国でもトップクラスという気象条件を味方に、 昭和50年代よりミツバの水耕栽培が始まりました。 その後、セルリーやサラダナといった洋菜類も加わり、現在では、 オクラ、トマト、ミョウガ、ニンニク、トウガラシ、ピーナッツなど、その種類は400以上に上ります。 谷間の土地が野菜の宝庫になったのは、 太陽の恵みと、農業を営む生産者たちの努力があったから。 知恵を出し合い、労力を惜しまず、汗を流す。 この成功体験を糧に、「自分たちを育ててくれた地域のために」という思いで始まったのが 「OHKUVO PROJECT」です。農業だけにとどまらず、 耕作放棄地の活用、環境保全、子どもたちの食育など、活動領域を着実に広げています。

TOPに戻る